スポンサーリンク

最低賃金引き上げ!2021年10月から

雑記

報道でも取り上げられていましたので,ご存知の方も多いと思いますが,今月(2021年10月)から最低賃金の引上げがありました。

学生さんのアルバイトの時給も引き上げられることも多いと思います。個人的にも時給引き上げはとても有難いです……。

スポンサーリンク

過去最大の引き上げ幅

今回の引き上げは過去最大の引き上げ幅のようです。

全国平均でみると,単純に計算すると902円→930円となります(約3.1%の引き上げ)

都道府県別の最低賃金(2021年10月以降)

2021年10月以降の都道府県別の最低賃金は下記の通りです。厚生労働省のホームページでも確認できます。
( )内は発効年月日です。10月1日ではない場合には太字にしています。微妙に全国一斉ではないですね。なぜなのか……。

  • 北海道 861円→889円 (2021年10月1日)
  • 青森県 793円→822円 (2021年10月6日)
  • 岩手県 793円→821円 (2021年10月2日)
  • 宮城県 825円→853円 (2021年10月1日)
  • 秋田県 792円→822円 (2021年10月1日)
  • 山形県 793円→822円 (2021年10月2日)
  • 福島県 800円→828円 (2021年10月1日)
  • 茨城県 851円→879円 (2021年10月1日)
  • 栃木県 854円→882円 (2021年10月1日)
  • 群馬県 837円→865円 (2021年10月2日)
  • 埼玉県 928円→956円 (2021年10月1日)
  • 千葉県 925円→953円 (2021年10月1日)
  • 東京都 1,013円→1,041円 (2021年10月1日)
  • 神奈川県 1,012円→1,040円 (2021年10月1日)
  • 新潟県 831円→859円 (2021年10月1日)
  • 富山県 849円→877円 (2021年10月1日)
  • 石川県 833円→861円 (2021年10月7日)
  • 福井県 830円→858円 (2021年10月1日)
  • 山梨県 838円→866円 (2021年10月1日)
  • 長野県 849円→877円 (2021年10月1日)
  • 岐阜県 852円→880円 (2021年10月1日)
  • 静岡県 885円→913円 (2021年10月2日)
  • 愛知県 927円→955円 (2021年10月1日)
  • 三重県 874円→902円 (2021年10月1日)
  • 滋賀県 868円→896円 (2021年10月1日)
  • 京都府 909円→937円 (2021年10月1日)
  • 大阪府 964円→992円 (2021年10月1日)
  • 兵庫県 900円→928円 (2021年10月1日)
  • 奈良県 838円→866円 (2021年10月1日)
  • 和歌山県 831円→859円 (2021年10月1日)
  • 鳥取県 792円→821円 (2021年10月6日)
  • 島根県 792円→824円 (2021年10月2日)
  • 岡山県 834円→862円 (2021年10月2日)
  • 広島県 871円→899円 (2021年10月1日)
  • 山口県 829円→857円 (2021年10月1日)
  • 徳島県 796円→824円 (2021年10月1日)
  • 香川県 820円→848円 (2021年10月1日)
  • 愛媛県 793円→821円 (2021年10月1日)
  • 高知県 792円→820円 (2021年10月2日)
  • 福岡県 842円→870円 (2021年10月1日)
  • 佐賀県 792円→821円 (2021年10月6日)
  • 長崎県 793円→821円 (2021年10月2日)
  • 熊本県 793円→821円 (2021年10月1日)
  • 大分県 792円→822円 (2021年10月6日)
  • 宮崎県 793円→821円 (2021年10月6日)
  • 鹿児島県 793円→821円 (2021年10月2日)
  • 沖縄県 792円→820円 (2021年10月8日)

アルバイト・パートをはじめとして時給で働いている人は,時給が最低賃金額を下回っていないか,確認してみましょう。

↑↑ここで紹介しているいわゆる男性版産休制度は2022年10月1日施行のようです(令和3年政令第267号)。