ブラザーの新型A3プリンター(MFC-J7100CDW,MFC-J7300CDW)購入

雑記
スポンサーリンク

今回はただの雑記。

自宅で使っていたキャノンのインクジェットプリンタが不調だったので買い替えました。

コロナ禍で家で仕事をする機会も増えてきたので,思い切ってややゴツ目のプリンタを導入しました。

私が購入したのはブラザーのA3プリンター(A3複合機)のMFC-J7100CDWです。こちらは給紙トレイ1段のタイプですが,2段タイプのMFC-J7300CDWもあります。

機能的にはほぼ同じです。

私は感覚的には95%がA4印刷ですので,残り5%のためだけに1万4千円を余計に負担する気にはならなかったので,1段タイプのMFC-J7100CDWにしました。

この機種は2022年11月に発売されたばかりの新製品です。

レビューもほぼないので悩みましたが,旧モデルの評判もよさそうだったので,予約して購入しました。旧モデルはMFC-J6583CDW(1段給紙トレイ),MFC-J6983CDW(2段給紙トレイ)です。

旧モデル(MFC-J6583CDW,MFC-J6983CDW)のレビューは豊富にありました。それらを読み漁っていると,テレワーク需要のほかに勉強用としての需要もあるようですね。塾のプリントやテストやプリント教材のスキャン,コピー,過去問のコピーなどに重宝するようですね。

公式(ブラザー)のCM動画も中学受験にフォーカスしてますね。

たしかにADFが付いていますし,ガラス面でのコピー・スキャンもA3まで対応しているので,コンビニ等に行く手間は省けますし,頻繁に使うなら購入した方が便利そうですね。

ご存知かと思いますがADFとは「Automatic Document Feeder」(自動原稿送り)のことです。この機能はコンビニのコピー機にはないはずなので,大量のコピー・スキャンには圧倒的に便利です

スキャナー機能には分割機能があるので,見開きを1ページずつに分割して保存することができます。この機能があればテキスト類をスキャンしてタブレットで見たりするにも役立ちそうですね。出張や旅行のときに必要な書類やページのみをスキャンして荷物を少なくすることもできそうです。
ADFを使って両面同時スキャンも可能です

私も書類をPDF化することが多いので,この機能は本当にありがたいです。A3のパンフレットなども分割してA4化できます。PDF化してiPadで見られるようにしておけばそれでOKです。

写真印刷については最大手の2社のプリンタに見劣りするかもしれないですが,年賀状で年1回しか写真印刷を使わないので気にしないです。本格的に印刷する場合はよほど大量でなければお店印刷にしますし(その方が画質も耐久性も高い)。

A3サイズ対応・ADF付きとなるとブラザーのコスパがいいですね(ランニングコストを含めてもコスパがいい)。他社にもA3・ADF付きはありますが,お値段が……。

まだ設置したばかりで少ししか使っていませんが,不満点はなく大満足です

印刷もインクジェットにしはかなりのスピードです(メーカー発表では1分28枚〔A4〕)。

はやいは正義。スタンバイからの復帰もはやい。

ちょっとだけ注意点。

本製品,かなりデカめです。おもったより大きいです。私は覚悟して設置場所や棚を用意して購入しましたが,購入を検討している方は設置サイズや設置場所をきちんと確認してから購入しましょう。あと重量もかなりあります。

サイズ,重量は下記の通りです。ざっくりと設置場所には60cm×50cmのスペースが必要です。高さはいわゆるコピー機のように上に開くスペースが必要です。全開にせずに使う場合でもプリンタの上部に20cm程度は空きスペースが必要だと思います(全開にするなら50㎝程度必要だと思います)。

MFC-J7100CDW(1段給紙トレイ):576×477×305mm(突起部を除く),約19.8kg

MFC-J7300CDW(2段給紙トレイ):576×477×375mm(突起部を除く),約23.4kg

あと,重量がありますので,棚の上などに置く場合は棚板の耐荷重量に要注意です。

重くて大きいので通販の場合は,再配達してもらうのは申し訳ないので在宅時を時間指定しておくのがよいでしょうね。