民法

スポンサーリンク
教科書・六法

2022年3月発売の気になる法律書(個人的メモ)

新年度でバタバタしていたら,いつの間にか4月も半分が過ぎてました……。 2022年3月刊行の気になる書籍をメモしておきます。 3月は刊行ラッシュで積ん読が増えますね……。 学生向け この本,おすすめです。 ...
法学部

不法行為に基づく損害賠償債務の遅延損害金と民法405条

今日は小ネタです。 先日の記事でCoinhive事件最高裁判決を取り上げましたが,その2日前に,法学部生や司法試験受験生・資格試験受験生なら押さえておきたい最高裁判例が出ていました。 さほど大きく取り上げられること...
法学部

所有者不明土地関係の法改正(民法・不登法など),会社法令和元年改正(株主総会資料の電子提供制度)の施行日が決定

所有者不明土地関係の法改正の施行日 所有者不明土地関係の法改正の施行日が公布されました(2021年(令和3年)12月17日)。 この改正では,主に民法と不動産登記法の改正,そして,新法として相続等により取得した土地所有権の国...
法学部

性同一性障害特例法の性別変更の要件「現に未成年の子がいないこと。」は合憲(最高裁決定)

神戸家裁尼崎支部に女性への性別変更を申し立てていた男性が,10歳の子がいることを理由に,申立てを却下されていた件で,そのような性同一性障害特例法の要件は憲法13条などに違反しているとして最高裁に抗告していましたが,最高裁は2021年11月...
法学部

名前の読み仮名は自由?戸籍に読み仮名が必要になるかも

2021年9月7日,上川法務大臣は記者会見で戸籍の氏名に「読み仮名」を記載するかどうかの検討を始めるべく,法制審議会(法務大臣の諮問機関)に諮問すると発表しました。 法務省も参加する有識者による研究会での検討結果も参考にしつつ,法制...
雑記

2021年9月1日デジタル庁発足,婚姻届等の押印も不要に

8月も終わり,2021年(令和3年)も残り3分の1となりました。 まだまだ新型コロナウイルスとのたたかいは続きそうですね。 2021年(令和3年)9月1日にデジタル庁発足 報道でも大きく取り上げられていますが,本日(20...
法学部

婚姻届や出生届等の押印が不要に?――戸籍法施行規則改正

戸籍法施行規則が改正になり,出生届・婚姻届・離婚届・死亡届の押印が不要になりました(押印が任意になりました)。いつから不要になるのでしょうか(施行日はいつ?)。また,届出用紙はどのように変更になったのか,古い届出用紙は使えるのか,といった点について確認していきたいと思います。
法学部

夫婦別姓,令和3年(2021年)最高裁大法廷決定(合憲)を読んでみる

令和3年(2021年)6月23日,夫婦別姓訴訟において,最高裁大法廷が現行制度を合憲と判断しました。どのような内容だったのでしょうか。また反対意見(違憲とするもの)はあったのでしょうか。決定文を引用しながら見ていこうと思います。
法学部

夫婦別姓訴訟,最高裁が合憲判断(2021年6月23日)

先日,当ブログでも取り上げた夫婦別姓についての最高裁大法廷の決定ですが,合憲と判断したようです。 まだ裁判所のウェブサイトでも決定文が見られませんので,詳しいことはわかりません。 おそらく,近日中には裁判所のウェブサイトに決定...
法学部

夫婦別姓訴訟,最高裁大法廷が2021年6月23日に判断

2021年6月23日に最高裁大法廷が夫婦別姓について判断を示すようです。最高裁が夫婦別姓について判断を示すのは2015年以来2回目です。前回の2015年(平成27年)判決の内容をみるとともに,今回の判断のポイントを探ってみましょう。
スポンサーリンク