判例

スポンサーリンク
法学部

民事判決のデータベース化

2022年6月25日,民事裁判の全判決のデータベース化に法務省が取り組むと報道がありました。法務省内に有識者会議を設けて検討を進めるそうです。 これは画期的ですね。 しかも判決文の匿名化等の処理にはAIを使うそうです。IT化が...
法学部

次の最高裁長官と新しい最高裁判事が内定(2022年6月・7月退官判事の後任)

先日,次の最高裁長官と2022年6月と7月に退官する最高裁判事の後任人事の報道がありました。 ちなみに2021年8月に退任した最高裁判事の後任判事の発表については,こちらをご参照ください。 退官する最高裁判事 ...
法学部

国民審査・在外投票不可は違憲――最高裁大法廷判決

 2022年(令和4年)5月25日,最高裁大法廷は,海外在住の日本人が国民審査に投票できないのは,立法の不作為があるとして,違憲判決を下しました。 今回はその判決をちょっと読んでみたいと思います。 判決年月日等 最高裁判...
雑記

東京機械製作所とアジア開発キャピタル(その8・ADCの持ち株をマスコミ各社が買取)――マジョリティ・オブ・マイノリティ条項をめぐって

去年(2021年)の下半期に話題になったアジア開発キャピタル(ADC)による東京機械製作所の買収劇ですが,しばらくウォッチをさぼっている間に大きな動きがありました。 備忘をかねて記録しておきます。 ADCの持ち株の...
法学部

ヘイトスピーチ条例・最高裁合憲判決

大きく報道されましたが,大阪市のいわゆるヘイトスピーチ条例の最高裁の合憲判決がでました。(ほぼ判決文引用の記事ですが,自分の備忘も兼ねていますので,ご容赦ください) 裁判年月日 最高裁判所第三小法廷・令和4年(2022年)2月...
教科書・六法

2022年1月発売の気になる法律書(個人的メモ)

2022年1月に刊行された法律書で気になるものをメモ。来月以降も続けたいですが……。 学生向け 中舎寛樹先生の物権法の単著が刊行になりました。中舎先生の単著としては,債権法もありますね。 本書では,(狭義の)物権...
法学部

不法行為に基づく損害賠償債務の遅延損害金と民法405条

今日は小ネタです。 先日の記事でCoinhive事件最高裁判決を取り上げましたが,その2日前に,法学部生や司法試験受験生・資格試験受験生なら押さえておきたい最高裁判例が出ていました。 さほど大きく取り上げられること...
法学部

Coinhive事件,最高裁判決(逆転無罪)

Coinhive事件,最高裁判決がでましたね。 ネット上でも話題になっていましたが,逆転無罪となりました。 今回は,自分の備忘もかねて,Coinhive事件の最高裁判決の判決文を確認していきたいと思います。 ...
法学部

Coinhive事件,注目の最高裁判決期日(2022年1月20日)が迫る

下記の記事で,いわゆるCoinhive事件について,昨年末(2021年12月9日)に最高裁が口頭弁論を開きました。 報道によると,口頭弁論で弁護側は無罪を主張し,検察側は国際的にも取り締まり対象となっている行為であり,本...
法学部

判決がコピペ?

ある判決文に他の裁判所の判決文のコピペを疑われるような同一の誤字が発見されたとのこと。 ニュースでも取り上げられていたのでご存知の方も多いかもしれませんね。 発覚したきっかけは,生活保護費の基準額引き下げは憲法違反だとして,各...
スポンサーリンク