企業法務

スポンサーリンク
教科書・六法

2022年10月発売の気になる法律書(個人的メモ)

学生向け 国際法の入門書です。かなりやさしめのレベル設定になっているので,国際法の講義を受講する前の予習用として最適だと思います。 180ページほどですから,予習として通読するのも苦にならないですね。 ...
未分類

2022年9月発売の気になる法律書(個人的メモ)

秋は新しい六法の季節ですね。 書店の法律書のスペースでも新しい六法が積まれていますね。 さて,今月の気になる法律関係の新刊をメモ。 六法 小型六法(学習用六法)の2大巨頭のポケット六法とデイリー六法...
教科書・六法

2022年7月発売の気になる法律書(個人的メモ)

夏休みですねー。 4学期制をとっている大学だと試験が8月に食い込むこともあるそうですので,まだ夏休みではないという人もいるかもしれませんね。 では,いつも通り7月発売の個人的に気になった本をメモ。 学生向け ...
未分類

2022年6月発売の気になる法律書(個人的メモ)

梅雨,短かったですねー。 いつも通り6月の新刊本で気になったものをメモ。 一般向け 街のスナップ写真に,建築基準法の規制がどうかかわっているかを重ね合わせて解説してくれています。百聞は一見に如かずを突き詰めた本で...
法学部

AIと弁護士法?

いろんな分野でAI技術が活用されるようになって久しいですが,法律分野でもAI技術が進化してきており,契約書の一時的なレビュー程度ならAIでもかなりの精度でできるようになってきたようです。 リーガルテックとも呼ばれる分野ですが,この分...
教科書・六法

法律系のラノベ――その3・労務系

ラノベとタイトルにありますが,ライトノベルレーベルからの刊行ではないものも含まれています。ここで紹介している書籍が「ラノベである」「ラノベではない」と判断する趣旨ではなく,法律の世界に触れることができる小説という大きい括りでの紹介のつも...
教科書・六法

2022年5月発売の気になる法律書(個人的メモ)

祝日のない6月が始まってしまいましたね……。 嘆いても仕方がないので,気を取り直して,先月(2022年5月)刊行で気になった書籍をメモしておきます。 学生向け 主にビジネスパーソン向けに書かれたようなのですが,学...
教科書・六法

経済法・競争法の本――ドラマ『競争の番人』をより楽しむために

2022年7月よりドラマ『競争の番人』が放映開始になる予定です。 原作は新川帆立著『競争の番人』です。 新川帆立さんといえば,ベストセラーの『元彼の遺言状』の著者でもありますね。『元彼の遺言状』もドラマ化されていました...
教科書・六法

2022年4月発売の気になる法律書(個人的メモ)

5月の大型連休ですね。 今年は10連休なんて声も聞こえてきます。学生にとっては,新年度の緊張からいったん解放され,リフレッシュができる時期でもありますね。 さて,いつものように先月(4月)に刊行された本で,気になるものをピック...
雑記

東京機械製作所とアジア開発キャピタル(その8・ADCの持ち株をマスコミ各社が買取)――マジョリティ・オブ・マイノリティ条項をめぐって

去年(2021年)の下半期に話題になったアジア開発キャピタル(ADC)による東京機械製作所の買収劇ですが,しばらくウォッチをさぼっている間に大きな動きがありました。 備忘をかねて記録しておきます。 ADCの持ち株の...