スポンサーリンク

法律系のマンガ――法学部生,資格試験受験生におすすめのマンガ

法律系のマンガ――法学部生,資格試験受験生におすすめのマンガ書籍・六法

勉強には息抜きも必要ですよね。

今回は息抜きにもなり,資格試験の勉強をしている人にはモチベーションアップにもなりそうな法律系の漫画をご紹介します。

法律系の漫画を読むときに注意してほしいのが,教科書ではないので,当然法改正などはフォローされていません
書かれている内容をそのまま鵜呑みにするのではなく,あくまでフィクションとして読みましょう
もちろん大まかな考え方を知ったり,具体的なお仕事のイメージを持つには漫画は最適だと思います。

主人公の職業や立場に着目して,紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

裁判官をモデルにしたマンガ

裁判官って職業としてはメジャーですけど,その職務内容についてはイメージがいまいちわかないですよね。

これは,おそらく守秘義務や独立性確保などの関係で裁判官の方が職務内容をベラベラと話すことがしにくい,ということが関係しているのではないかと思います。
口の軽い裁判官ってなんかいやですしね……。

そんな裁判官をモデルにしたマンガもあります。

『家栽の人』(毛利甚八作・魚戸おさむ画)

家庭裁判所の裁判官・桑田義雄を主人公にしたマンガです。

の人ではなくの人となっているのは,主人公・桑田が植物好きで,植物にもかなり詳しいというところからきています。

法律よりも植物についての知識が印象に残る回も少なくありません(笑)。

家庭裁判所を舞台の中心に物語が進みますので,通常の訴訟事件とは異なり,事案の当事者の濃い人間関係が描写されたり,少年事件の難しい対応などにスポットがあてられています。これらの事件は,裁判所も事件の背後の状況などをしっかり踏まえた上で判断を下す必要があります。家裁で扱う事件は公開されていないことが多いですので,ベールに包まれた家裁の裏側を知るうえでも有益なマンガだと思います。

法学部の先生が推薦することも多いマンガだと思います。

家栽の人』は実写化もされています。(片岡鶴太郎さん主演,船越英一郎さん主演,時任三郎さん主演といくつかのバージョンがあります)

『イチケイのカラス』(浅見理都)

武蔵野地方裁判所の第一刑事部の裁判官・坂間真平が主人公のマンガです。

坂間真平は特例判事補です。特例判事補とは,実務経験が5年以上あり,最高裁に指名されることで単独で裁判を担当することができる判事補のことです(原則として,判事補は単独で裁判を担当することができない)。5年以上10年未満の若手裁判官ということですね。

主人公・坂間はいわゆるエリートタイプで,ちょっと冷たい感じがする人間として描かれています。

世間が抱く裁判官のイメージに近いともいえるかもしれません。

とはいえ,刑事部所属ですので,扱うのは刑事事件で,必然的に内容はハードになり,判決を下すまでにも葛藤が生じます。そのあたりが丁寧に描写されています。

社会的に大きな影響があった刑事事件については,判決が報道されることが多いですが,量刑が軽すぎないか?と思うことやマスコミがそういう論調で報道することも多いと思いますが,このマンガを読んでから,あらためて考えてみるとちょっと違った景色が見えるかもしれません。

追記(2020年12月)

イチケイのカラス』のドラマ化が決定いたしました!

主演は竹野内豊さん,黒木華さんです。フジテレビの月9!

竹野内豊さんの月9主演は11年ぶりのようです。月9といえばラブストーリーのイメージが強いですが,どんな感じにアレンジしてくるのでしょうか?

発表済みの情報をみますと,原作通りではなさそうですので,原作も読みつつ,ドラマも楽しみたいですね。時間があれば,刑事裁判の傍聴にもいってみるといいかもしれませんね。

→いよいよ2021年4月からドラマ版「イチケイのカラス」が始まりましたね!4月から法学部に入学した人も多いと思いますが,このドラマを見て勉強のモチベーションを上げるのもいいと思いますよ。どんなことでも具体的なイメージを持ちながら勉強するのは大事なことです。

検事をモデルにしたマンガ

『Dr.検事モロハシ』(能田茂)

医療過誤を題材にしたマンガです。

主人公の諸橋正志は心臓外科医です。自分も参加した手術で医療過誤が生じましたが,その事実は隠蔽されました。

それをきっかけに,諸橋は検事となります。

医療過誤を扱う物語は多くありますが,検事視点というのはあまりないかもしれません。印象としては,遺族(および遺族側弁護士)視点や医師側の視点が多いでしょうか。その意味でも新鮮です。

諸橋は医師で検事,理系と文系のトップ資格を両方取得しているスーパーマンですね。

実際にも医師免許を持ちつつ,司法試験にも合格しているスーパーマンっているんですよ。もう凡人には計り知れない世界ですね。

ちなみに東京大学の米村滋人先生は医師免許も持っています。医師で,かつ,東京大学法学部の教授って本当にすごいですよね。

Dr.検事モロハシ』は稲垣吾郎さん主演でドラマ化もされています。

『ざこ検(潮)』(高田靖彦) ((潮)は〇の中に潮でマルチョウと読みます)

新米検事の潮貞志を主人公にしたマンガです。

熱血新人お仕事マンガの王道です。

同僚の検事もいろんなタイプの検事が登場します。検事という職業に対するイメージで一括りにしてしまいがちですが,検察庁も一つの職場ですので,いろんな人がいることが描かれています。

当然,検事の中でも考え方や判断が分かれることもあり得ますが,そのあたりも描写されています。

ざこ検事 潮貞志の事件簿』として長嶋一茂さん主演でドラマ化されています。

弁護士をモデルにしたマンガ

『九条の大罪』(真鍋昌平)

闇金ウシジマくん』の真鍋昌平さんの新しい連載です。
2020年10月12日月曜日発売の週刊ビックコミックスピリッツで連載がスタートしました。

冒頭,いきなり「いい弁護士は性格が悪い。」と真鍋さんのマンガらしさ全開です。

法律家界隈のツイッターなどでは,結構話題になっているようです

勉強のモチベーションを上げるという面では逆効果になってしまうかもしれませんが,第1話を読んだところ,弁護士になった後には一度はなんらかの形で考えなければならない問題を取り扱っているのではないかと感じました。

第1話は公式でネット公開されています読後感がよい結末とはいえないので,そういうのが苦手な人は注意してください)。

実際にも「闇社会の守護神」と呼ばれるような大物弁護士もいましたし,きっと現在でもいるのではないかと思います。単純な善悪だけでは割り切れない難しいテーマです
そもそも世の中に単純な善悪というものがそもそも存在するのでしょうか

2021年3月2日追記
単行本が刊行されましたね!リンクを貼っておきます。
リアル感をもったストーリー仕立てですが,あくまでフィクションですからね。真に受けて無茶なことをしないようにしてくださいね!!!

『島根の弁護士』(香川まさひと作・あおきてつお画)

こちらはさわやか系の弁護士マンガです。

弁護士が少ない,いわゆるゼロワン地域の島根を舞台にしたマンガです。

こちらは比較的「善人」の登場人物が多いです。主人公の信念を貫くことに重きをおかれ,ドロドロした事情や場面はあまり描かれませんが,ひたむきに頑張る主人公・山崎水穂に共感を覚える読者も多いのではないでしょうか。

モチベーションアップにはよいマンガだと思います。

司法書士をモデルにしたマンガ

『セイギとミライ――熱血司法書士の事件簿』(神山丈瑠作・高橋恭司(ロウタス法律事務所)監修)

法曹三者(裁判官・検事・弁護士)をモデルにしたマンガが結構あるのですが,それ以外の法律系の職業をモデルにしたマンガとなるとガクッと数が減ります

法曹三者よりもイメージがわきにくいので,もっとたくさんのマンガが出てくるといいのですが。

まずは司法書士です。

司法書士というとどんなイメージですか?

不動産の登記業務をイメージすることが多いと思います。実際にお仕事の中心は不動産の登記業務ですが,それ以外にも相続関係会社関係の商業登記なども多く取り扱います。

このマンガでは,親族・相続について多く取り上げています。実際の司法書士の業務実態に近いと思いますし,司法書士受験生が読めば,民法の親族・相続の勉強にも役に立つと思います。
ただし,法改正には気を付けてくださいね!相続法は平成30年に大きな改正がありました

主人公は熱血漢の竹林正義と冷静沈着な柳場未来の2人で,司法書士が数々の依頼に,2人で協力し,ときには意見を対立させたりしながら,立ち向かっていく,という王道の舞台装置で物語が進みます。

2人ともイケメンです。

行政書士をモデルにしたマンガ

『カバチタレ!』(青木雄二監修・田島隆作・東風孝広画)

行政書士の田村勝弘を主人公にしたマンガです。

田村が法律知識を駆使しながら依頼人を守っていくマンガですが,実際の行政書士の業務よりもはみ出しているのでは?と思われる箇所もあります。まあ,それはフィクションですし,ほかの法律の有資格者との対峙も描かれますので,楽しめると思います。

原作者の田島隆さんは行政書士です。

カバチタレ!』は常盤貴子さん主演でドラマ化もされています(人物設定がマンガとは異なりますが)。

また,『特上カバチ!! カバチタレ!2』『カバチ!!! カバチタレ!3』という続編もあります。

特上カバチ』は櫻井翔さん主演でドラマ化されました。

続編が長く続くということは,ファンも多く,マンガそのものの魅力も高いのでしょうね

法律系のマンガのまとめ

ここに紹介したマンガは一例で,まだまだたくさんあるので,ぜひ探してみてください。

弁理士についてのマンガはまだ発見できていないのですが,是非読んでみたいですね。

私は未読ですが,公認会計士はいくつかあるようです。

勉強の息抜きやモチベーションアップにうまく利用してみてください。

くどいですが,法律の内容はマンガの執筆当時・連載当時のものであることが多いので,その内容を鵜呑みにすることだけは避けましょう。多かれ少なかれ,その後,何らかの法改正の影響を受けていることが多いです。